半端ですがローレライの感想綴っときます。01d662f5.gif

好きです。
戦争モノにはもともと感動しやすいんですが
戦争モノではコレまでで1番素敵だと思いました。
戦争っていうと雰囲気重いけど 海・唄・若い恋人っていうのが中心にあるのが話として綺麗で見た後とても気持ちよかったからかもしれない。

ちょっと人物名があやふやだってのでHP行ってみました。
・・・・・・やっぱええなぁ 音楽素敵や・・・じーん

やっぱり潜水艦に女の子が乗っているのが斬新。
しかも一番重要なローレライシステムがその子自身というところが。
正確だが 敵船を爆撃すると精神へのダメージから使えなくなるという繊細さが綺麗。

娯楽としての見るのも良いけど
いつも戦争モノの映画のメッセージには姿勢を正される気がします。
深いしね、国って大きいんだなぁって思うね。

特に浅倉大佐の自白から自殺にかけての場面は胸に刺さるものがあったです。
浅倉大佐の クズしか残ってない日本東京を一掃すべきだ っていう発想が
あまりに芯が通ってるもののように迫って 反対しきれない気分にもなったりしました。
良くも悪くも 国を変えるにはとても大きな力がいる。
なんでうまくいかないんだろうね。特に悪い習慣ほど固まってこびりついて目立つし。
それはもう膨大な人数のヒーローが必要になる。
でも良い人間はみんな戦争で死んでしまったんだ。
それも無意味な戦いで。
なんとなく原爆投下が最善のように思えてしまうんだと思う。

でも絹見艦長は未来を信じてくれた。
このお話は作られたものに違いないけど、実際この国のために命をかけてくれた人はたくさんいたわけで。
いやいやだとか 曲がった愛国心とかじゃなく 
純粋に自分の国と住んでるみんなが生きててくれればっていう思いで戦いに行った人もいたんだろうってリアルに思った。

映画見てる最中は映画の内容に感動してるんだけど、
なんか戦争ってのが自分が生まれる前に本当にあったってことについて考えて
家帰ってからもう1回泣いてました。
ローレライの登場人物が人間味あふれてて、逃げたり、規則破ったり、楽しそうに笑ったり、そして歌ったりしてるから そのせいかなーと思うけどね。

私は日本好きだよ。なんでかははっきり言えないけど、良くしたいと思うから?
日本の政治が悪い、法律が悪い、教育が悪いって きり無いくらいあるけど、
日本自体は悪くないと思うんだよね。
たとえ日本の中心が腐ってても 日本が腐ってることにするには早いっていうか。
こういう話するとそもそも国が何なのか分からなくなってくるんだけどね(^^;)
国にこだわらなきゃ 「世界で活躍したい」んじゃなく「世界を良くしたい」。

漠然としてるけどこれは勉強して具体化するんかな。
この感情は自分のスタミナの都合で 時々にしか思い出せないからよく自己嫌悪感じる。
時々でも思い出せればマシなのかな…